マーケットシェアの成功 JSP事例「北海道 十勝帯広」

  • 北海道の農業に未来はあるか?
  • 既存の流通チャネルの限界
  • 野菜類は1968年(昭和43年)をピークに消費が減少
  • 美味しさは食べなくては伝わらない

JSPの仮説

  • 右に倣えではダメ
  • 内食から中食市場へシフト
  • 6次産業化の推進
  • 販売チャネルの変更
  • 価値の創造

取り組みの成果

  • マーケティング戦略の確立
  • ブランドコンセプトの決定
  • 空港や観光地での土産販売

農業でも協業の動き、十勝帯広の事例をご覧ください

北海道十勝のさまざまな生産者が一致団結し、「十勝ブランド」を開発する。市場作りの勉強会をきっかけに、「現在の市場」と「今後の市場」を現場・現物・現実で学び、意識の共有化を図り、解決策を企画・実施していくプロセスをご紹介いたします。

PDFファイルにてご提供いたしますので、ダウンロードしてご参照ください。

PDFファイルをご覧になり、不明点やご質問がございましたら、下記お問合せフォームより気軽にお問合せください。ご希望がございましたら、貴社の具体的課題に合わせたワークショップを企画・実施いたします。

北海道 十勝の協業カタログが完成しました。