JSP事例「小海町」アイキャッチ

小規模生産者の販路開拓 JSP事例「長野県 小海町」

農業が基幹産業で、過疎化が進む人口5,000人の町、長野県小海町。特産の「鞍掛豆」を中心に町おこしをしたいが、商品を作っても販路が少ないという課題を抱えていました。小海町がこれにどう取り組み、町おこしを進めているかを、具体的事例でご紹介いたします。

JSPの理念と設立目的

JSP講座「現代の北前船」

北前船から学び、地産品を域外に出すことが今後ますます重要になります。
JSPでは「インバウンドを促すアウトバウンド」の推進をマーケットシェアリング(協働)で実現しています。
そのための商品開発のあり方、市場確保の原理・原則について解説いたします。